「第70回キリスト教視聴覚教育講習会」(2019) アーカイブ
 

2019.11.1

第70回キリスト教視聴覚教育講習会
AVACO ワークショップ in 京都

主題「まねこう つなげよう 神の子」

■2019年7月31日(水)

●開会礼拝

日本福音ルーテル大江教会牧師 立野泰博先生

聖書箇所 マルコによる福音書10章13節~16節
「先生は面白いの?」
礼拝のメッセージはキリスト教視聴覚センターらしくフリップをもちいてお話しくださいました。
子どもたちと過ごした体験談をまじえながら、み言葉をやさしく説いてくださいました。

●開会のごあいさつ

一般財団法人 日本聖書協会 キリスト教視聴覚センター 事務局長 渡部信

●講演「子どもの貧困とキリスト教」

講師 小見のぞみ先生

表面に見えていることだけでは判断しにくい子どもの貧困。
キリスト教として何ができるか。
幼児教育にたずさわっている方に知ってもらいたい内容が、ギッシリつまった充実の講演でした。

●実習1「楽しく読む! 楽しく語る! 聖書のお話」

講師 山下智子先生

グループワークは緊張とともに多くの学びが得られるときとなりました。

●実習2「“こどもさんびか“を歌って、キリスト教にふれよう」

講師 玉理照子先生

歌詞の理解を深め、“こどもさんびか”を歌うひととき。
奏楽にも注目が集まり、実習終了後も著書の問い合わせが相次ぎました。

 

■2019年8月1日(木)

●実習3「聖書と視聴覚教材 知ろう・作ろう・遊ぼう」

講師 菅澤順子先生

テーマは「パン」
「パン」に連なる聖書のお話を、絵本、かみしばい、パネルシアター、賛美、
さまざまな視聴覚教材の表現で楽しみました。

●実習4「見たい! やりたい! 音と楽器で喜びさんび」

講師 桃原和子先生

音をもちいて楽しいひとときを過ごしたら、大きな学びの時間となっていました。

●実習5「アートセラピーでキリストの愛を受けよう」

講師 金エノク先生

粘土をもちいる鳥の作り方を指導中。
今までに経験したことのない製作手法で予想外の仕上がりに⁉︎

マンダラの彩色に夢中。

●全体公演「愛と祈りをフラにのせて」

講師 伴真規子先生

写真では分かりづらいですが、楽しすぎてヘトヘトの45分。
優雅にみえるフラダンスですが、実際にかなりの体力を消耗しました。

●「絵本との出会い・その魅力と役割」

講師 細川和子先生

絵本に込められたメッセージや、子どもの年齢に合わせた絵本の選択など、
たくさんの読み聞かせとともにご紹介くださいました。

●閉会礼拝

日本福音ルーテル大江教会牧師 立野泰博先生

聖書箇所 ヨハネによる福音書15章1節~5節
「バナナに種はない」

●閉会のごあいさつ

一般財団法人 日本聖書協会 キリスト教視聴覚センター 事務局長 渡部信

充実の二日間。
最後は、事務局長 渡部信からのごあいさつで幕を閉じました。

先頭へ